ようこそ、浅虫温泉へ。

みちのく青森は、日本海、津軽海峡、
太平洋と三方を海で囲まれ魚貝類が豊富で、
山の幸にも恵まれています。
西側には津軽半島、東には下北半島が位置し、
世界遺産白神山地、春スキー、山岳スキーで有名な八甲田山、
紅葉の美しさで知られている十和田湖、
桜の名所弘前城など見所もいっぱいです。

当館のある浅虫温泉は、
青森市内より車で30分(約15km)に位置する
昔からある湯治場で前はむつ湾に面し、後ろは浅虫森林公園、
近くには県営 浅虫水族館(徒歩10分)がございます。
部屋数8室、定員約20名様の小さな温泉旅館ですが
季節の食材を毎朝板長が自ら仕入をし、
温かい物は温かく冷たい物は冷たくと料理の原点を守って
四季を味わって頂けるお料理を心掛けております。
中庭を眺めながらのんびり温泉で疲れを癒し、
地元の食材を使ったお料理を楽しんで頂き、
また、青森に行きたいと思って頂けるようなお宿でありたい、
と思っております。

海も、山も、温泉も。
青森市生まれの版画家、棟方志功が浅虫滞在の際に
浅虫の風景画と共に残して下さった言葉です。

プラスオプション

マッサージ始めました!

40分 ¥4,000(税別)

日頃のお疲れや身体のコリを温泉で温まった後にマッサージでほぐしてみませんか。
気持ち良さに思わず寝てしまうかも。

基本3日前までのご予約です。ご予約時にご希望の時間をお知らせ下さい。3日前以後や当日のご予約はフロントまでご連絡下さい。(ご希望に添えな い場合もありますのでご了承下さい。)

記念日セット

ケーキと青森林檎の
シードルセット

2名様〜 ¥3,000(税別)より

お誕生日や記念日などにどうぞ。サプライズ対応致します。 ケーキの大きさやご予算などはご相談下さい。

パパ子

さつきだより

割烹旅館さつき

6月に入り、日中は半袖で過ごし夜は薄めのカーディガンなどで過ごせる過ごしやすい気候の青森です。
5月の末に30度超えの日があったので、今年は例年より少し早く衣替えをしました。春が来たと思っていたら駆け足で初夏が来た感じです。昔は梅雨の間までは肌寒くて暖房器具を片付けられなかったんですよ。
暖かくなってきて山の食材のわらび・笹筍・根曲がり筍・ミズ(学名はウワバミソウと言うそうです)も旬です。
ミズは山菜によくある苦味や灰汁もなく、シャクシャクした食感の美味しい山菜です。青森はあわびの水物やホヤの水物の彩りとして欠かせないパートーナーです。漬物や炒め物にしても美味しいですよ。瓶詰めや塩漬けにして冬の保存食にもします。
夏の海の幸と言えば、あわび・ホヤ・ウニですね。
先日、浅虫の地物のウニを食べましたが潮の香りと甘さがトロリと…とても美味しかったです!。
キリリと冷えた地酒のあてとしても美味しいウニですが、私はごはんに乗せてウニ丼派です。
さつきではお食事の最後にごはんとお味噌汁をお出ししますが、ウニ×ごはん派の方は遠慮なく「ごはん下さい!」とおっしゃって下さいね。お米は青森の晴天の霹靂を使っています。
ホカホカごはんにウニ・わさびを少しにお醤油をちょっと。
考えたらまた食べたくなって来ました。
青森の初夏の味覚と爽やかな空気を味わいにいらして下さいね。

平成31年 水無月
浅虫温泉 割烹旅館さつき

空室状況 は満室

ご予約・お問い合わせ

12月30日~1月3日、GW、8月2日~6日・12日~14日、それ以外の連休日は特別料金となります。

詳しい料金は 又はお電話にてお問合せ下さい。

TEL: 017-752-2352 / FAX: 017-752-2325

ふぐ料理・スッポン料理 (要予約です。追加料金が別途必要となります) 事前にご連絡ください。

連泊のお客様は、宿泊の5%をサービス致します。